全国合宿終了しました

 10月21日(土)・22日(日)の1泊2日、千葉県北西部で「第19回ホームシューレ全国合宿」を開催いたしました。台風が近づく中、かろうじて関東に至る前に終わることができました。参加は総勢87人。前回を上回る参加者で、1日目は夜中の一時過ぎまで遊んだり話し込んだりしている人たちもいました(各部屋ではおそらくもっと遅かった人たちも)。

 

 1日目は雨天で当初のフィールドアスレチック計画が変更になり、お出かけのグループはボウリングを楽しみました。館内のグループはゲームやイラストや小物づくりのワークショップ(今回はスノードームとヘアピンづくり)や卓球、若者シンポジウム、フリートークなどのプログラムをそれぞれ選んで参加しました。

 

 夜の合同イベント「ホームシューレ・ぷちフェスティバル」は会員有志が大勢集まって企画・準備しました。サポートも含め総勢11人のバンド&ダンスのパフォーマンスあり、ヒーローのサプライズ登場あり、手作り品の即売会あり、レクリエーションありの「あんまりぷちじゃない」文化祭でした。終了後は親たちの宴会が始まっていました。2日目のお出かけグループは、キッコーマン醤油工場の社会科見学へ。親は代表の奥地も合流してそれぞれの家庭のホームエデュケーションについて語り合いました。

 

 最初はドキドキで慣れるまで時間がかかっても、それってよくあることなんです。今じゃわーわー楽しんで仲間と遊んでる人たちの中にも、かつては同じような経験をした人がたくさんいます。お泊りって不思議です。時間が経つと、だんだん人見知りが薄れてきて、いつの間にか遊びや話の輪の中に入っていたりすることも。来年も今から楽しみです。

2017年10月26日